今日も体験者が来てくれました。

  • 2020.09.27 Sunday
  • 23:28

コロナで4月、5月は最悪状態でしたが、6月から今月までに6人の入会者がありました。(^.^)

子供が少なくなってきていたのですがやっと子供が増えてきました。

まだ一度に来られるのは1部屋に多い時で3人か4人ほどなので、密にはなりませんよ。

 

しかし、秋になるとホントに文化系は忙しいですね。

10月は公民館展で搬入搬出、生徒の展覧会、つくし展、彼岸が済んだら涼しくなって草刈です。

明日から毎日1時間刈ろうと思います。もう駐車場が原っぱみたい。(>_<)

薬は効きません。

昨日は疲れて夜10時前に寝てしまいました。今日は朝から昼の部も忙しかったので、まだ事務の仕事で寝られません。(;´∀`) 気が付けばもう来年の出席簿も作らないと・・・・

頑張ります!

 

 

公民館作品展の出品作品

  • 2020.09.24 Thursday
  • 23:00

今、海南市の中野上公民館に水彩画を指導しに行っているのですが、今年はコロナの関係で各学校、学級、サークルは1週間ごとに展示入れ替えします。今年は中庭での飲食出店は無いみたいです。

 

私のところの作品展は10月12日(月)13時半〜16日(金)17時迄です。

私の作品は今年は水彩じゃありません。(;^ω^)油絵でもいいと言ったので最近できた模写を出すことにしました。

画家エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン『水浴びをする女性』模写ルブランの摸写額に入れるとよく見えますね。(^.^)これ2月の中頃から描いていたようで、半年でできました。その間に大作を手掛けたので多分正味3か月かな〜。割に速かったですね。

 

アートショップ絵葉書30%offクーポン発行中

  • 2020.09.17 Thursday
  • 22:30

アトリエつくし・アートショップでは10/11迄絵葉書全品30%offクーポンを発行中です。

店内全品総額300円以上で送料無料クーポンも発行中です。

最近見逃して注文をくれる方が増えています。価格修正をしたりするのですが・・・・

今日はスマホでショップを見てみましたら、トップページにちゃんとあるのですが、スマホだと長々と表示され、最後まで見ていない可能性がありますね。最後の最後で画像付きで表示されていました。(;^ω^)

暑い夏も終わり、やっと涼しくなってきたらもう11月には年賀状発売ですよ〜〜〜〜!

年賀状にどうですか?www 早すぎ?

 

栗本邦男さんの受賞デッサンに至るまで

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 14:26

お待たせしました。m(__)m

新聞や報道の通りアトリエに来た当時は全くの未経験者でした。

週に一回2時間単位でデッサンコース、スケッチ迄進み、本当に半年間。

栗本さんの残したスケッチブックに初期のもの、デッサンの勉強法など残っていました。

栗本さんの鉛筆

栗本さんの使用した鉛筆の種類持ちきれないほどの本数でした。

栗本初期栗本初期

 

栗本初期

この頃から独学でデッサンの本などを見て葉や木のデッサンを精密に描く練習で摸写をしていたようです。

 栗本初期栗本初期F3のスケッチブック使用

段々と上手くなっている様子が分かります。

栗本デッサン小品F4号栗本デッサン小品暑中見舞いに使用した原画F4号

この先で描かれたのが出品していたF10のサルらしいです。(ふれあい賞)

では出品作品を、並べます。(順不並び)

初期のころから

栗本デッサン小品栗本デッサン小品

栗本出品デッサン栗本出品デッサン

栗本出品デッサンF50号

栗本出品デッサン150号。全関西2席

栗本出品デッサン100号自画像

栗本出品デッサン栗本出品デッサン以下全てF100号(母親)

栗本出品デッサン

栗本出品デッサン栗本出品デッサンアレンジ自画像F100号

県展受賞作県展受賞作品

よく似ていますが耳の見えない方が最初の県展受賞作品

他にターレンス賞、奨励賞などあり

よく聞かれたという質問。

紙の質はマーメードのかなり厚手のもので、板パネルに紙を張ったキャンヴァスに描いていました。バック背景も描き込んでいて、少しぼかすような変化を付けています。

鉛筆はメーカーによって平たいもの、巻紙のコンテのようなもの普通のデッサン鉛筆、ごく太の鉛筆など4Hぐらいから9Bぐらいを使い分けていたようです。

 

 

栗本デッサン展ご来場お礼m(__)m

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 20:59

栗本さんのデッサン展も昨日最終日を迎え、もう一度午前中に行ってきましたが月曜日の平日にもかかわらず沢山の人で賑わっていました。

栗本さんの作品この初日の様子の3倍はありましたね。

凄い報道で、つくしの関係者の方も多かったと言っていました。お忙しいところありがとうございました。

1000人以上のご来場者様。

栗本さんの奥様はお礼状を出すつもりでいましたが100人も来られるとは思ってもおらず、用意した葉書は60枚だったとか。(笑)

本来は全員にお礼状を出さなければならないところではありますが、あまりの多さに、私はもう手に負えないから駐車券も出したのだから許してもらいなさい。と言いました。

奥様は「お忙しいところご来場、本当に感謝です。ありがとうございました。邦男本人も大変喜んでいると思います。この場を借りてお礼を申し上げます。郵送できず本当に申し訳ありません。」との伝言です。

また、私の関係者、並びにアトリエつくし関係者の皆さん、「あんな展覧会見たことない」と大変喜んで頂きありがとうございました。m(__)m

最初、栗本さんから展覧会をしたいのでどうしたらいいですか?との相談があって、白石画材さんに相談したら?ということで随分白石さんにお世話になったようです。

会場もお世話して頂きコロナでキャンセルになったところで大変運が良かったです。とても相応しい会場でしたね。(^.^)

昨日、出品全ての写真を撮ってまいりました。解説付きで明日まとめます。

会場では紙の質は?とかどうやって描いてる?とか聞かれて答えられなかったとか。

仕方ないですよね。奥さんが描いてたわけじゃないし、専門的なことはわからないですよ。

でもみんな聞きたいこと。わかるところだけですが、頑張ってみます。(^^)/ 時間がかかるんです。(;^ω^)

栗本邦男さんのデッサンの経緯

  • 2020.09.13 Sunday
  • 22:04

未だかつてないほどの栗本さんのデッサン展のメディアの報道にびっくりですが、このブログもアクセスが一気に伸びてびっくりしています。

本日5日目で来場者が1000人!らしいです。(@_@;)

栗本さんの生前、残されたスケッチブックに、アトリエを止めてスケッチに出かけた頃の初期のデッサンが残っていました。それを見ると独自の勉強方法などが分かってまいりました。

皆さんはきっとアトリエに半年しか来ていないのにあんな絵を描けたのはなぜか、

初めから上手かったのでは?と思っていることでしょう。

残された初期からの絵は何枚もあるので2,3日内に整理して載せたいと思います。

明日で展覧会は終了するので、もう一度生徒を連れて会場に行くことにしました。

出品している全ての作品もカメラに収め、まとめて画像を載せますので暫らくお待ちください。

 

 

栗本邦男鉛筆画回顧展に行ってきました。

  • 2020.09.10 Thursday
  • 10:15

9/9から始まった鉛筆デッサン展。

栗本店会場1

朝から会場に2時半ごろ迄受付助っ人で行ってきました。いつ見ても迫力あります。

初期の作品は少し彩色してあり綺麗です。

彩色時分これでもF50号あります。​

栗本さんの作品後は倍の100号、150号。

最初の入賞作 これは初めてふれあい展に出品して受賞した作品10号。

初日から沢山の方が来られました。

夕方和歌山テレビで放送されました。今年はブルーレイを買ったので録画ばっちりです。(^.^)

昨日は疲れてブログは書けませんでした。^^;

 

 

子供の練習風景。古典画技法。

  • 2020.09.07 Monday
  • 21:32

最近大人の生徒が大半で、小学生はほんとに数えるほどしかありませんでしたが、6月ごろから体験者や、入会者もチラホラあり、小学生も少し増えました。

小3の練習風景

7月末に体験してまだ作品1枚目になりますが小学3年生の練習風景です。

体験は形の取り方などしました。

作品では4つ切り画用紙にアトリエにあるモチーフの好きなおもちゃを選んで前に置き、次々関連のものなどを描いて行き、まとめ上げていきます。色の作り方やパレットの使い方、筆の持ち方使い方などを習います。

パレットの使い方などは教えずに放置すると少し塗るところでも子供は必ず一つの枠いっぱいに使ってしまい、すぐに使うところが無くなってしまます。

絵具もメチャメチャ出して凄く無駄をするため最初が肝心です。

背景になるところの空白も埋める為、いろんな工夫とアイデアが浮かぶよう指導します。

全て自分で選択し、子供は2,3枚で方法が慣れてきます。段々手を放し、自分で描けるところまで描けば

「完成!」ではありません。ここから影や、描き込み、塗り重ね・・・と、進んでいきますので1枚目より2枚目。2枚目より3枚目。個人に合わせて進めるところまで指導します。

だから、年齢には関係ないのです。

大人の方たちは入会して1年ほどで「10年早く来たら良かった。」と必ず口を揃えますが、

古典画技法は練習時間の問題で1歩1歩必ず前進、習うこともいっぱいあって凄く奥が深いので平均皆さん15年在籍します。只今最高に長い生徒は小1から現在32歳だからもう25年ほど??あと、20年の方も多いですね。

もうプロの絵ですがまだまだ教えることがいっぱいあるので尽きない・・・から古典画技法は面白い。(^.^)

昔教室を始めるころ思ったのですが・・・

英語は1か月でも習えばABCのアルファベットだけでも覚える。

そのように短期間でも習えばそれだけは忘れない方法はないかと。

嬉しいことに小学生の辞めていった生徒のお母さんに出会ったとき必ず「どんどん上手くなって学校で代表で絵を出してくれています」との報告。

希望通りの答えですね。本当は辞めてから一人で描いていけるか、努力次第でどんどん伸ばせる。自分との闘い。それが「古典画技法」だと思う。

 

広之の制作中の作品を隠し撮り

  • 2020.09.04 Friday
  • 12:20

広之の制作中保田広之の制作中のテンペラ画です。

最新の制作中の作品を夜にこっそりとカメラで撮りました。(^.^)

私は何を描いているか分かりません ^^; ・・・多分裸婦。

彼の絵はいつ仕上がるか分からず、色も形も仕上がりがこの形が無くなることもよくある。

でも中途の作品が一番好きです。(笑)これは下書きのデッサン状態です。

分からない絵、このままでいいのにっていつも思いますがね。

このままの作品だとひと月に何十枚も描けると思いますよ。

本当はめちゃめちゃ早いの。でも気に入るまで10年や20年掛かってカメレオンのように色も変化。

工作ばかりと思っているでしょうけど絵は毎日朝からずっと描いています。仕掛けている絵は6号から20号まで10枚ほど。

最近仕上がった絵はあるの?幻の絵です。気に入らないと潰すし、もう71歳なのに20年掛かったら、どうよ。20年で仕上がる?生徒も35年前の絵から仕上がった絵は見たことないくらい。(^.^) 1枚でいいから見たい( ^ω^)・・・

web上、正式名称の変更

  • 2020.09.01 Tuesday
  • 22:49

昭和52年、保田つくし会絵画教室を開室。 昭和63年、アトリエ・つくしに改名し、現在に至っておりますが、パソコン、スマホなどの普及で検索をされるとき、「アトリエつくし」とされるため、web上では「・」を無くすことにしました。

どっちだっていいのですが「・」を打つのは面倒ですよね。^^; 知らない人もいるし。

 

さて、9月になりましたが昨日、今日も凄〜く暑かったですね〜!

昨日山で昼前の一番暑い時に草刈で、死にそうでしたよ。1時間ですぐに帰ってきました。

秋にならないとどうしようもないです。(>_<)⤵

今日は又急に晴れていたのに雷が鳴って・・・

半円の虹が出ていました!車だったので写メは取れず( ^ω^)・・・